スマートフォン専用サイトはこちらをタップ

その他のTOPICS

4/22 TV番組で森田療法が紹介されました 17/4/24

日本テレビの人気番組「世界一受けたい授業」の中で森田療法が紹介されました。うつ病の克服体験談として、ミュージシャンの大槻ケンヂさんがうつ病を克服するのに森田療法を活用したようです。22才でメジャーデビューした彼は、このままの人気絶頂が続くはずがない、駄目になったらどうしようと悩み、うつ病を発症。しかし「あるがままの自分を認め、なすべきことをなす」という森田療法を学習し、不安があっても今出来る事をやっていけば良いと分かり、克服したそうです。この克服談は、下記の書籍にも紹介され、市販されています。

(「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」KADOKAWA 田中圭一著)

4/15 第156回心の健康セミナーが開催(大阪) 17/4/19

大阪にて第156回心の健康セミナーを開催しました。テーマは「森田正馬の森田療法を現代に生かす」と題して顕メンタルクリニック院長の岩木久満子先生が講演されました。会場はほぼ満席の状態で、岩木先生の具体的で分かり易いお話に、皆、熱心に聞き入っていました。また質問も多かったのですが、簡潔で分かり易い回答が印象的でした。

(於:大阪産業創造館6F)

3/11 心の健康セミナーが開催(福岡) 17/4/7

福岡にて心の健康セミナーが開催されました。テーマは「さまざまな不安との付き合い方〜森田療法からより良い生き方を考える」と題して法政大学の久保田幹子教授が講演され、その後、体験発表、質疑・応答のプログラムとなりました。久保田先生の話が分かり易いとの感想が寄せられ、森田療法をこれから学ぶ人にとって有意義なセミナーとなりました。

(於:九州大学医学部百年講堂)

2/26 教育向けの森田療法活用セミナーを開催(尼崎) 17/2/28

尼崎の関西国際大学KUISホールにて、森田療法活用セミナーを開催しました。テーマは「西洋の心理療法と森田療法ーマインドフルネス、認知行動療法と森田療法の比較から」と題して、現在著名な3名の講師先生にお越しいただき開催しました。参加者が200名を超える満員の中で、受講者は熱心に講義と質疑・応答に聞き入っていました。

(於:関西国際大学・尼崎キャンパンス/KUISホール)

2/18 第155回心の健康セミナーを開催(奈良) 17/2/22

第155回目の心の健康セミナーを奈良にて開催しました。テーマは「森田療法入門講座ー不安症とうつ病はこうして治す」と題して、中村敬先生(東京慈恵会医科大学教授)がご講演されました。会場はほぼ満員の状況で、数多くの質問があり、その盛り上がりぶりが印象的でした。

(於:奈良商工会議所・5F大ホール)

2/5 第5回関西森田療法研究会を開催(大阪) 17/2/8

第5回目の関西森田療法研究会が開催されました。今回のテーマは「日本のマインドフルネスとしての森田療法」と題して、山田秀世先生(大通りメンタルクリニック院長)及び同クリックの廣瀬雄一先生をお招きして実施しました。講演内容は、廣瀬先生が、リワークに関するプログラム内容や自助活動について、山田先生は、今流行のマインドフルネスの考え方や森田療法との類似点、共通点、また森田療法観について述べられ、実践形式のディスカッションを含めた楽しい研究会となりました。

(於:梅田パシフィックビル6F会議室)

1/29 心の健康セミナーを開催(福岡) 17/1/22

福岡にて心の健康セミナーが開催されました。テーマが「不安のままに生きる」という内容で、黒木俊秀先生(九州大学大学院教授)と波多江伸子先生(作家・死生学者・がん患者団体代表)というお二人の先生を講師として開催されました。西日本新聞に連載がある波多江伸子先生とのコラボということで200名以上の参加者があり、講演と共に対談などもあって非常に盛り上がった講演会になったようです。

(於:九州大学医学部 百年講堂)

1/14 第154回心の健康セミナーを開催(大阪) 17/1/16

第154回目の心の健康セミナーを大阪にて開催しました。テーマは「現代の森田療法の理解〜自分らしい生き方を目指して〜」と題して、伊藤克人先生(東急病院・健康管理センター所長)がご講演されました。伊藤先生は、心身症が専門ですが、森田療法も長く臨床に生かされておられ、事例を中心に、興味深い講演内容となりました。

(於:大阪産業創造館・5F研修室A・B)

12/17 心の健康セミナーを開催(静岡) 16/12/28

静岡にて心の健康セミナーが開催されました。テーマが入院森田療法の今日的な意義ということで、外来(通院)がメインの現代で入院森田療法にどのような効果や役割があるのか、またその治療方法の特徴など非常に興味深い内容で、大勢の参加者が熱心に講演内容に聞き入っている様子でした。

(於:静岡新聞ホール)

12/11 第4回関西森田療法研究会を開催(大阪) 16/12/13

第4回目の関西森田療法研究会が大阪で開催されました。今回のテーマは「心身症と森田療法」と題して、林吉夫先生(林内科クリニック院長)をお招きして講演会を実施しました。内科及び心身症も数多く訪れる患者の中で、森田療法適用者に日記療法を中心とする外来森田療法を実践する流れや日記を中心にした症状別の症例などを詳しく解説され、参加者も熱心に聞き入っていました。またその後、世話人会では来年度に向けての会議が開かれました。

(於:梅田パシフィックビル6F会議室)

12/4 心の健康セミナーを開催(高知) 16/12/22

森田正馬先生の生誕の地である高知にて、心の健康セミナーが開催されました。今回のセミナーは東京慈恵大の中村敬先生をお招きして「うつ病の回復を促す森田療法」と題して講演会が行われ、その他にも2名の克服体験者による発表などがありました。当日は雨が降る中、天候が悪いにも関わらず、308名の参加者があり、盛況なセミナーとなりました。

(於:のいちふれあいセンター・サンホール)

12/4 第153回心の健康セミナーを開催(大阪) 16/12/8

大阪で第153回目の心の健康セミナーを開催しました。テーマは「森田療法に学ぶ不安と抑うつの克服法」と題して、大阪の都心部で開業する斉藤直巳先生によるご講演と生活の発見会会員による克服体験談、並びに質疑応答等がなされました。会場は満席で、実際の症例を使っての森田療法の解説が非常に具体的でわかりやすく、沢山の質問にも丁寧にご回答いただき、大変有意義なセミナーでした。

(於:大阪産業創造館・6F会議室A・B)

11/27 心の健康セミナーを開催(山口) 16/11/8

北九州エリアとして今回、初めて山口で開催されました。テーマは「不安とうつの養生に森田療法を活かす」という題名で、九州大学大学院の黒木俊秀先生が講演され、生活の発見会会員による体験発表及び質疑応答などが行われたようです。特にはじめて森田療法を知る方や登校拒否をもつ方などで、大変参考になったとアンケート結果が寄せられたようです。

(於:山口県セミナーパーク)

10/30 心の健康セミナーを開催(名古屋) 16/12/8

生活の発見会の名古屋支部の主催で開催された心の健康セミナーの模様です。「人見知りだからこそ、森田療法を〜対人の悩み(社交不安症)及びパニック症を解決し、生きる指針を与えてくれるセミナー」というテーマで東京慈恵大の中村敬先生を講師に迎え実施され、好評だったようです。

(於:名古屋ウインクあいち12F1203会議室)

11/26 市民公開講座・心の健康セミナー(東京) 16/11/29

第34回日本森田療法学会のプログラムの一つして、市民公開講座・心の健康セミナーが開催されました。今回のテーマは「森田療法に学ぶ超高齢社会の幸せな生き方」と題して、慶應義塾大学の新村秀人先生がご講演されました。

(於:東京都大田区産業プラザ・コンベンションホール)

11/25〜26 第34回日本森田療法学会が開催(東京) 16/11/29

第34回日本森田療法学会が東京の大田区産業プラザにて開催されました。今年のテーマは「森田療法 温故知新」と題して、会長講演や各種のシンポジウム、また認知行動療法で著名な大野裕先生の記念講演、精神療法の評価をめぐる問題など様々な内容が議論され、盛り上がるのある学会でした。

(於:東京都大田区産業プラザPiO)

11/17 心の健康セミナーを開催(鎌倉) 16/11/29

今年度初めて鎌倉で開催された心の健康セミナーの模様です。今回はオーストラリアの森田療法家である、ペグ・ルバイン先生をお招きして、欧米と日本の心理療法の違いや日常に役立つ森田療法の紹介などが講演され、好評を得たようです。

(於:鎌倉市商工会議所・301会議室)

11/5 心の健康セミナーを開催(東京) 16/11/10

東京慈恵大の主催による心の健康セミナーが開催されました。アンケート結果では、「症状を具体的に説明してもらい、わかりやすかった」「また参加したい」との声が多く、「この講義が参考になった」「学校教育の場でもこのような講座があればいい」という好評の講演会だったようです。

(於:東京慈恵会医科大学・国領校)

10/22 心の健康セミナーを開催(札幌) 16/11/10

札幌にて心の健康セミナーが開催されました。大勢の参加者の中、三人の講師による講演と質疑・応答がなされました。森田療法に関する最新の情報や動向に多くの参加者が熱心に聞き、質問も数多くなされた盛況な講演会になったようです。

(於:北翔大学学術情報センターPORT「1階ホール」)

10/13 働く人のメンタルヘルスセミナーを開催(大阪) 16/10/14

第6回目の働く人のメンタルヘルスセミナーを大阪で開催しました。お2人の講師から職場のメンタルヘルス対策と、その職場や会社員に対する森田療法の活用という視点で講演会を行い、活発な質疑・応答がなされました。特に職場復帰に関する具体的な対策や復帰に際する評価などに多くの質問が出ました。

(於:大阪市立生涯学習センター・第一会議室)

10/1 心の健康セミナーを開催(京都) 16/10/3

第152回心の健康セミナーを京都で開催しました。テーマは「森田療法に学ぶ神経症(不安症)の克服と慢性うつ病の養生のコツ」という内容で、九州大学の黒木俊秀先生にお越し頂き、ご講演をいただきました。初めて開催した会場は満席の状況の中、うつ病や神経症に関する医学的な変遷から最近の状況まで幅広いお話と数多くの質疑・応答があり、活気のあるセミナーとなりました。

(於:真宗教化センター/しんらん交流館大谷ホール)

9/25 第3回関西森田療法研究会を開催(大阪) 16/9/26

第3回目となる関西森田療法研究会が大阪で開催されました。今回のテーマは「発達障害支援における森田療法の活用可能性と限界」と題して、松浦隆信先生(鹿児島大学大学院准教授)をお招きして講演会を実施しました。発達障害に森田療法をどのように活用するのか、またその限界とはどのようなものか興味深い講演となり、多くの質疑応答も出て活発な研究会となりました。

(於:梅田パシフィックビル6F会議室)

9/16 企業向け森田療法活用セミナーを開催(大阪) 16/9/20

昨年度、好評であった企業や職場等で活用する「働く人のメンタルヘルスセミナー」を開催しました。今年は昨年度末より導入されたストレスチェック制度を背景に企業内のメンタルヘルス対策としてどのように行えばいいのか、二人の講師をお招きしてご講演いただきました。特にストレスチェック実施上の実際の問題点やそれを踏まえて、現代人の心の悩みとこれに対して森田療法をどのように活用していけるのか、という視点が特に興味深い内容となりました。

(於:梅田パシフィックビル5F会議室)

9/1〜2  第9回国際森田療法学会が開催(英国) 16/9/8

第9回国際森田療法学会が英国のエクセター大学にて開催されました。大会長には同大学のデービッド・リチャーズ先生(エクセター大学医学部 メンタルヘルスサービス研究科 教授)が就任され、テーマは「21世紀に持続可能な心理療法」という内容で、英国の精神療法関係者並びに日本から数多くの森田療法家が参加して実施されました。日本からは、森田療法に関する基本的な考え方や治療方法、臨床事例などが多く紹介されました。一方、エクセター大学では森田療法の英国導入に向けて、そのテスト臨床と調査の進捗内容並びに今後の問題点や課題などが呈示され、活発なディスカッションが行われました。

(於:英国エクセター大学・Xfi Building)

8/6 心の健康セミナーを開催(大阪) 16/8/9

第151回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「現代の悩みと森田療法ー対人関係の悩み、うつなどを通して」という内容で、法政大学の久保田幹子先生にお越し頂き、ご講演をいただきました。暑い中、会場はほぼ満席の状況の中で熱心に聞き入る姿で印象的でした。また講演後の質問も多く、時間内に全て回答するのは難しい状況の中で、時間制限いっぱいで久保田先生がお答えになり、参加者も大変参考になったと思われます。

(於:大阪産業創造館5F会議室)

7/14 森田正馬生家保存を願う会との会合を開催(高知) 16/7/22

昨年の春に発足した「森田正馬生家保存を願う会」と当財団との会合が、7月13日〜14日にかけて行われました。14日はその保存会の第9回役員会がこの森田正馬生家で開催され、当財団も参加し、これまでの保存に関する進捗状況や今後の課題について検討されました。生家は昨年の補修で庭や家内の清掃がなされ、今後はこの生家にて会議が継続されるようです。
当財団としては、補修のみならず生家を活用して森田療法の普及と啓発につながる永続的な計画づくりと活動を行ってほしい旨を提案し、今年の秋までに各々がその活用方法を検討し、活用案を作成する課題をもって解散となりました。
(於:清掃された森田正馬生家)

6/26 第二回関西森田療法研究会を開催(大阪) 16/6/27

今年の4月に正式発足した関西森田療法研究会ですが、その二回目が開催されました。今回は「外来森田療法ー強迫の症例を通して」というテーマで法政大学の久保田幹子先生がセミナー講演をされ、その後ディスカッションが行われました。また第二部として懇親会も行われました。そして最後に世話役会議も行われ、今後の活動内容や次回、次々回のテーマ等も検討されました。

(於:梅田パシフィックビル6F会議室)

4/24 関西森田療法研究会の総会を開催(大阪) 16/4/27

昨年度より検討されてきた関西森田療法研究会が正式に発足し、その第1回目の総会が開催されました。総会開催の前に、第1回関西森田療法研究会主催によるセミナーも行われ、講師に北西憲二先生(森田療法研究所/北西クリニック院長)をお呼びして講演会が開かれ、その後に総会が行われました。また引き続き世話人を中心にした事業内容や予算等も検討され、次回の研究会は、6月26日(日)と決まりました。

(於:梅田パシフィックビル6F会議室)

4/2 心の健康セミナーを開催(大阪) 16/2/9

第149回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「パニック症、うつに対する森田療法」という内容で、東京慈恵大の舘野歩先生にお越し頂き、ご講演をいただきました。今回はパニック障害とうつ病に対する森田療法を中心に、幅広い内容でお話しいただきました。会場は生中継とお花見日和で通常よりやや少なめの参加者でしたが、多数の質問と回答など、参加者の積極性と森田療法に対する関心の高さを感じるセミナー内容となりました。

(於:大阪産業創造館6階会議室AB)

3/27 市民公開講座・心の健康セミナーを開催(福岡) 16/4/11

福岡にて心の健康セミナーが開催されました。テーマは「森田療法入門講座〜不安、うつから回復する手立てとは」という内容で、中村敬先生(東京慈恵会医科大学教授)がご講演されました。会場は定員をオーバーする盛況ぶりで、小冊子なども用意され熱心な参加者は購入されていた様子です。

(於:九州大学医学部百年講堂中ホール)

3/26 市民公開講座・心の健康セミナーを開催(岡山) 16/4/27

岡山にて心の健康セミナーが開催されました。テーマは「生老病死と森田療法」と題し、伊丹仁朗先生(すばるクリニック院長)や生活の発見会会員による講演会が開催されました。講演内容は分かりやすく、役立ちそうとのアンケート結果が多く、好評でした。

(於:岡山シンフォニーホール)

2/6 市民公開講座・心の健康セミナーを開催(東京) 16/2/24

東京にて心の健康セミナーが開催されました。テーマは「生老病死と森田療法」という内容で、伊丹仁郎先生(すばるクリニック院長)がご講演されました。また森田療法を日常に生かすというテーマでNPO法人の生活の発見会会員による講演と質疑・応答などがなされ、会員も真剣に聞き入っていた様子です。

(於:東京慈恵会医科大学・大学1号館3F講堂)

2/6 心の健康セミナーを開催(大阪) 16/2/9

第148回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「森田療法と森田式ダイアリー」という内容で、林内科クリニック院長の林吉夫先生にお越し頂き、ご講演をいただきました。森田療法には伝統的に日記療法を使う治療法が定着していますが、外来療法で使用する新しい形として林先生が考案した森田式ダイアリーの解説を中心に行なわれました。具体的な内容と書き方まで解説があり、参加者は自分でも出来るかを自問自答しながら熱心に耳を傾けていました。

(於:大阪産業創造館6階会議室AB)

12/24 財団リーフレットを発行 15/12/25

当財団のサービス内容をご紹介した財団案内リーフレットを新たに作成し発行しました。このリーフレットの内容は、主に一般市民向けで、神経症やうつ病等の不安障害に悩む方のための各種サービスをまとめたものです。また森田療法を学習したい方向けに、参考図書もピックアップしていますので、ご自身で悩みをもたれている方や友人・知人で悩みを持たれている方等におすすめします。無料で配布しています。 また下記の画像から内容がご覧になれ、ダウンロードも可能です(PDFファイル)。

(画像クリックで内容閲覧・ダウンロード可)

12/13 心の健康セミナーを開催(金沢) 15/12/22

金沢で市民公開講座・心の健康セミナーが開催されました。テーマは「心配症と強迫性障害の森田療法」という内容で、法政大学教授の久保田幹子先生がご講演されました。また体験談の発表は、富山国際大学教授であり、ご自身も体験者という大谷孝行先生が発表され、会場は静かに最後まで集中力が切れず、熱心に聞いている様子で、質疑応答も充実した内容でした。

(於:近江町交流プラザ4階集会室)

12/12 心の健康セミナーを開催(大阪) 15/12/15

第147回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「外来森田療法についてー森田正馬の神経質概念」という内容で、顕クリニック院長の岩木久満子先生にお越し頂き、ご講演をしていただきました。これまでの森田療法の解説ではあまりなかった、非常に詳細な神経質概念の解説とそれを補足する外来症例を中心に解説されました。質疑・応答も数多く熱心に聞き入っている姿が印象的でした。

(於:大阪産業創造館6階会議室AB)

12/6 心の健康セミナーを開催(高知) 15/12/22

森田正馬博士のお膝元である高知で市民公開講座・心の健康セミナーが開催されました。テーマは「森田療法に学ぶ心の健康法」という内容で、昨年に引き続き参加者も多く、高知県での森田療法に対する関心の高まりを感じさせます。講師には、伊丹仁朗先生をはじめ、生活の発見会会員による体験発表並びに質疑・応答の内容で大いに盛り上がりを見せた一日となりました。

(於:のいちふれあいセンター・サンホール)

11/23 心の健康セミナーが開催(広島) 15/12/7

今年で2年目となる広島での心の健康セミナーが開催されました。参加者は40名弱とやや少なめでしたが、今回のセミナーではグループ討議等を加え、新しい形でのセミナー形式となり、一人一人にとって実りのあるセミナーとなったようです。

(於:安芸区民文化センター4階A会議室)

11/21 心の健康セミナーが開催(静岡) 16/1/5

会場は満員の盛況ぶりで講師の講演を熱心に聴き入り、講演後も質疑応答で閉場時間いっぱいまで質問がでていた様子。講演終了後に、配布資料を余分にもらって帰る参加者もいて、講演内容の充実ぶりと森田療法に対する興味・関心の高さがうかがえました。

(於:静岡新聞ホール(プレスタワー17階))

11/12 森田療法活用セミナーを開催(大阪) 15/11/13

森田療法を企業内で生かす活用セミナーが大阪で開催されました。今年12月より義務化されるストレスチェック制度の実施に伴い、企業内で益々メンタルヘルスの問題が重用視される中、ストレスチェック制度の概要説明と働く人の健康と森田療法をテーマに講演会を開催しました。参加者の半数は、企業内でのメンタルヘルス関係部署に所属する会社員と残りの半数は、森田療法に興味のある専門家やその職種の人々が中心でした。会場は定員いっぱいで、熱心に内容を聞き取る一方、メモをとり今後の仕事に役立てようとする会社員や専門家の方々の姿が印象的でした。

(於:える大阪・7階会議室)

11/8 市民公開講座・心の健康セミナーが開催(仙台) 14/12/15

仙台で市民公開講座・心の健康セミナーが開催されました。参加者は初心者から支援者(医師、大学教員、看護師、カウンセラー)まで幅広く参加されたようです。また最後は学生落語会による落語2席で、好評の内に閉会しました。

(於:仙台市若林区荒町市民センター)

11/1 市民公開講座・心の健康セミナーが開催(鹿児島) 14/11/10

鹿児島で初の市民公開講座・心の健康セミナーが開催されました。参加者はほぼ定員いっぱいの状況で、熱心に講義を聞き、終了後に何人かの方々が発見会や森田療法について質問をされていました。また集談会に参加を希望する人も散見され、好評の内に閉会しました。

(於:鹿児島県市町村自治会館)

10/31 森田療法活用セミナーを開催(尼崎) 15/11/2

森田療法を教育や企業内で生かす森田療法の活用セミナーが尼崎で開催されました。今回は昨年度に引き続き、臨床心理士の資格ポイントが取得できる専門家向けのセミナーとして開催され、テーマは「人間関係と心の問題」と題して、森田療法からは久保田幹子先生(法政大学教授)が講演されました。参加者はほとんが専門家という事もあり、トレーニング的な時間や質疑・応答などにも時間が割かれました。終了後のアンケートでは森田療法に興味をもったとする意見が多く、森田療法への関心の高さが伺えました。

(於:尼崎KUISホール)

10/24 市民公開講座・心の健康セミナーが開催(函館) 14/10/26

北海道での市民公開講座・心の健康セミナーが函館で開催されました。あいにくの雨天でしたが開場直後から沢山の来場者があり、熱心に耳を傾けていました。後半の質疑応答では、森田療法についてもっと知りたい、生活の発見会について知りたい、大通公園リワークオフィスについて知りたいなどの声が挙がり、4名の医師が各々の見解を交えて丁寧に回答していました。

(於:函館北洋ビル8階ホール)

10/15〜16 第33回日本森田療法学会が開催(倉敷) 14/10/22

第33回日本森田療法学会が倉敷で開催されました。川崎医科大学主任教授の青木省三先生の大会長による開催でテーマは「人生と精神療法、そして森田療法」でした。200名以上の参加による学会は、非常に盛り上がり、基調講演からシンポジウムまで、バラエティに富んだ講演内容でした。特にパネルディスカッションでは各々の得意分野の異なる精神療法のスタンスの違いや内容の違いが鮮明になる一方で、共通点も多く興味深い内容となりました。

(於:倉敷市芸文館)

9/6 森田正馬生家保存を願う会の第2回総会が開催(高知) 15/9/24

数年前から、森田正馬生家の老朽化・耐震問題が浮上し、所有者である香南市による解体の意向を受けて、地元並びに日本森田療法学会、当財団、生活の発見会などが協力して、生家を残すよう嘆願書をだし、香南市や地元関係者、教育委員会等と協議してきました。
そして今年春(3/7)、地元の有志により「森田正馬生家保存を願う会」が設立されました。その後、市民公開講座などが開催され、高知における森田正馬と森田療法の認知向上と啓発運動が開始されました。そして先般(9/6)、同会の第2回総会が開催され以下のような報告と決議がなされたようです。

(1)会員数は、正会員が162名、賛助会員が97名
(2)4名の顧問の決定
(3)12/6(日)に第3回心の健康セミナー(高知)を開催。
  (当財団セミナーページ参照)

(4)9/30(水)にワーキンググループ(生家活用推進部会)が発足
(5)森田正馬生家保存を願う会のホームページを開設
(6)屋根の応急補修作業を実施
(7)10/17(土)に庭の剪定・清掃作業を計画
(8)定期的な学習会・研修会を開催し、一般市民への啓発を行う
(9)国の登録有形文化財への指定を目指す
(10)香南市を「心の健康都市」を目指すよう香南市に働きかける

(森田正馬の生家)

9/12 第146回心の健康セミナーを開催(京都) 15/9/14

第146回心の健康セミナーを京都で開催しました。テーマは「わかりやすい森田療法ー浜松医大の入院と外来治療ー」と題して、浜松医大の星野良一先生にご講演をいただきました。浜松医大は伝統的に入院森田療法を実践してきいる数少ない医療機関ですが、その中で浜松独自に発展してきた森田療法の治療法を中心に、追体験入院や集団精神療法の取り入れ、各症例別の治療法、神経性大食症や家族問題への応用など、幅の広い視点から森田療法の説明があり会場は盛り上がりました。

(於:京都JA会館/6階)

8/29 第145回心の健康セミナーを開催(大阪) 15/9/1

第145回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「森田療法入門講座ー不安、うつからの回復の手だてとはー」と題して、東京慈恵会医科大学の教授で森田療法センター長の中村敬先生にご講演をいただきました。最近特に多いうつ病と神経症の基底概念である不安に焦点をあてながら、森田療法の基本を分かりやすく解説いただきました。また森田療法の治療法として入院、外来、自助グループなど、具体的な症例を交えて3つの治療方法が紹介されました。また今回は、同時にインターネットを通じた生中継も実施され、延べ視聴者が100名を超え、会場の満員に加え、遠方の視聴者も多く、森田療法への期待の高さが伺えました。

(於:大阪産業想像館/6階会議室)

6/13 第144回心の健康セミナーを開催(神戸) 15/6/15

第144回心の健康セミナーを神戸の三宮で開催しました。テーマは「強迫、不安との付き合い方ー森田療法からより良い生き方を考える」と題して、法政大学教授で慈恵大森田療法センターの久保田幹子先生にご講演をいただきました。近年多い強迫性障害に焦点をあてつつ、神経症や不安障害の共通の基底感情である「不安」への対応として森田療法ではどのように考え、治療を行うのかを症例を交えながら、分かりやすく解説されていました。また体験談も私たちの身近にある非常にリアルな内容で、参加者も熱心に聞き入っていました。

(於:神戸市勤労会館/2階多目的ホール)

5/31 市民公開講座・心の健康セミナーを開催(名古屋) 15/6/11

市民公開講座・心の健康セミナーが名古屋で開催されました。テーマは「生きづらさを解放する森田療法」と題して、比嘉千賀氏(ひがメンタルクリニック院長)が講演されました。会場は定員を上回る参加者で立ち見が出来る盛況ぶりでした。講演及び体験発表ともに好評で、次回も開催が期待される内容でした。
(主催:NPO法人生活の発見会中部支部:TEL:058-251-3821)

(於:ウインクあいち/11階)

4/4 第143回心の健康セミナーを開催(大阪) 15/4/6

第143回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「パニック、うつ、強迫への森田療法」と題して、慈恵大森田療法センターの舘野歩先生にご講演をいただきました。近年多いパニック障害と強迫性障害、及びうつ病への対応として森田療法はどのような治療を行うのか。症例を交えながら、盛りだくさんの内容となりましたが、分かりやすい解説で参加者は熱心に聞き入っていました。会場は満員で一部立ち見席も出る程の盛況ぶりでした。

(於:大阪産業創造館/6階会議室)

2/14 森田療法活用セミナーを開催(尼崎) 15/2/9

関西国際大学の尼崎キャンパスにて、教育向けの森田療法活用セミナーを開催しました。今回のテーマは「トラウマの最新治療」と題して3人の講師による研修会形式で行われました。森田療法では法政大学教授の久保田幹子先生が森田療法によるトラウマ治療の捉え方や対応法、また事例紹介などがあり、最新の考え方について講演がありました。尚今回は、臨床心理士の資格ポイント取得の対象となる講座となっています。

(於:関西国際大学の尼崎キャンパス/3Fホール)

2/7 第142回心の健康セミナーを開催(大阪) 15/2/9

第142回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「浜松医大の森田療法ーわかりやすい森田療法を目指して20年」と題して、浜松医科大学精神神経科の星野良一先生にご講演をいただきました。浜松医大は入院森田療法を中心に、独自の進化と発展を遂げている全国の中でも数少ない森田療法医療機関の一つですが、今回はその内容を分かりやすく解説していただきました。重度の強迫性障害患者に対する暴露反応妨害法の活用や追体験入院の導入、外来患者とも連動した集団精神療法の活用など数多くの工夫と組合せを上手く活用している内容と症例紹介で、参加者にとって非常に理解しやすい解説でした。尚、今セミナーは生中継も同時に行われました。

(於:大阪産業創造館/6階会議室)

12/6 第141回心の健康セミナーを開催(大阪) 14/12/8

第141回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「クリニックでの外来森田療法」と題して、顕クリニック院長の岩木久満子先生にご講演をいただきました。関西圏では外来森田療法を実践するクリニックや機関が少なく、実際にどのような流れで通院での森田療法の治療が行われるのか、またその際にどのような視点やポイントが重要なのか等、従来とは少し異なった森田療法の解説視点で説明をされ、さらに多くの症例を通じてその方法をより分かりやすく解説され、参加者は熱心に聞き入っていました。会場は年末にも関わらず、ほぼ満席の状況でした。

(於:大阪産業創造館/5階会議室)

11/15 働く人のメンタルヘルスセミナー(大阪) 14/11/17

大阪は江坂にて、働く人のメンタルヘルスセミナーを開催しました。テーマは「復職支援に役立つ森田療法的アプローチ」と題して、北海道の大通りクリニックから山田秀世先生をお招きして講演会を開きました。講演内容はうつ病を中心とした復職の際のリワークシステムの説明とその際に、森田療法をどのように活用するのかを中心に展開されました。特に森田療法を楽しく面白く捉える方法やその活用におけるユニークな視点が参加者にとっても新鮮であり、数多くの質疑・応答がでた講演会となりました。

(於:大阪研修センター・江坂)

11/8〜9 第32回日本森田療法学会が開催(東京) 14/11/19

第32回日本森田療法学会が、慈恵大新橋キャンパスにて開催されました。森田正馬博士が初代教授となった森田療法の発祥の地で、第1回の学会から約30年ぶりに本校で開催されました。中山和彦大会長のもと、テーマは「言葉で理解する森田療法」という内容で、森田正馬博士の記念展示やよりイベント要素の強い市民公開講座など、従来にはないメリハリやインパクトの強い学会となりました。

(於:東京慈恵会医科大学)

10/25 第140回心の健康セミナーを開催(京都) 14/10/27

京都で2回目となる、第140回心の健康セミナーを開催しました。テーマは「不安・うつとの付き合い方ー森田療法からより良い生き方を考える」と題して、法政大学教授の久保田幹子先生にご講演をいただきました。近年非常に多い不安障害のひとつ、うつ病をはじめ神経症や強迫観念、パニック、社交不安障害などその背景にある不安とはどんなもので、どのように捉え、つきあえば良いのか。また森田療法ではそれらをどのように扱うのか、広い観点から症例までを優しく分かりやすく言葉で解説された内容でした。参加者も定員いっぱいの盛況ぶりでした。
(於:京都JA会館/602〜604号室)

9/23 心の健康セミナーを開催(広島) 14/10/2

広島にて初めての心の健康セミナーが開催されました。テーマは「日常生活のストレスとうつの対処法 〜森田療法と精神分析の立場から〜」と題して、お二人の先生がご講演されました。広島で初の心の健康セミナーということで参加者も慣れない中、熱心に聞き、反応もまずます好評のようで、今後の展開が期待されます。
(於:安芸区民文化センター/4階A会議室)

8/23 第139回心の健康セミナーを開催(大阪) 14/8/26

第139回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「不安と強迫性障害に対する森田療法ー回復において大切な事」と題して、東京慈恵大の樋之口潤一郎先生にご講演をいただきました。不安障害の中で最も治療が難しいと言われる強迫性障害に焦点をあて、入院から入院後の経過、そのプロセスにおける具体的な会話や治療の動向など、非常にリアルで現実的な、それでいて親近感のある講演に参加者は聞き入っていました。会場は定員を超える参加者があり、立ち見があるほどでした。
(於:大阪産業創造館/6階会議室)

6/29 第138回心の健康セミナーを開催(神戸) 14/6/60

第138回心の健康セミナーを神戸で開催しました。テーマは「森田療法入門講座ー不安・強迫・うつから脱出するために」と題して、東京慈恵大の中村敬先生にご講演をいただきました。森田療法の基本的な考え方から不安等の神経症、強迫性障害、うつ病に対する森田療法の治療法及び入院、外来、自助グループの3つの治療法の説明と具体的な症例まで、幅広い講演内容でした。会場は立ち見が出るほど盛況でしたが、それでも参加者は熱心にメモをとり聞き入っていました。
(於:神戸勤労会館/403・404号室)

6/21 体験フォーラム交流学習会と選考委員会が開催 14/6/24

今月の6/21(土)には、体験フォーラム交流学習会(大阪)と選考委員会(東京)が同日に開催されました。体験フォーラム学習交流会は、今回、会員の自主的な企画立案ではじまり、自己紹介と近況報告を中心に森田療法に関する意見や感想、質疑・応答などが活発になされました。また終了後は親睦会も行われ、和やかな雰囲気で閉会しました。東京での選考委員会は、選考委員全員の出席で開会され、例年より1000万の増額という事もあり、熱のこもった議論で予定時間の制限いっぱいまでかかり、無事に交付先と交付金額が決定されました。
(於:東京高輪プリンスホテル1F・若竹)

4/19 第137回心の健康セミナーを開催(大阪) 14/4/21

第137回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「強迫、うつへの森田療法」と題して、東京慈恵大の舘野歩先生にご講演をいただきました。森田療法の基本的な考え方から入院森田療法の説明及び本題となる強迫性障害とうつ病に対する森田療法の治療法や具体的な症例まで、幅広い講演内容で密度の濃い内容となりました。また質疑・応答では、強迫性障害に関する質問が数多くでていました。

(於:大阪産業創造館・5階会議室)

2/1 第136回心の健康セミナーを開催(大阪) 14/2/3

第136回心の健康セミナーを大阪で開催しました。テーマは「女性のうつ・不安障害と森田療法を中心に」と題して、東京慈恵大の塩路理恵子先生にご講演をいただきました。今回は女性の事例、特に女性のライフスタイルに焦点をあてたうつや不安障害の症例をわかりやすく丁寧な解説で、ご講演をいただき、症状別とはまた異なった視点での森田療法的なアプローチの仕方、治療法などを教えていただきました。しかし内容は男性が聞いても十分に参考になる内容で、数多くの質問も寄せられていました。

(於:大阪産業創造館・6階会議室)

1/25 心の教育セミナーを開催(尼崎) 14/1/27

第4回心の教育セミナーを尼崎で開催しました。テーマは「ネットいじめ・不登校の理解とその対応」と題して、関西国際大学の尼崎キャンパスで開催しました。学校関係者を中心に、子供をもつ母親や家族、公務員、学生など幅広い層の参加者が集まり熱心に講演を聞き、質疑・応答も活発に行われました。

(於:関西国際大学尼崎キャンパス/KUISホール)

SEMINAR

Copyright (C) 2009 The Mental Health Okamoto Memorial Foundation