スマートフォン専用サイトはこちらをタップ

財団概要(はじめに)

『今こそ、こころの健康を』

公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
 理事長 岡本 信夫



近年、わが国の医療技法の発展はめざましく、世界のトップレベルにあって、人びとの生命維持や健康増進に大きく寄与しています。
ところが昨今、社会生活の複雑化などによってもたらされた、過度のストレスや精神不安から、ともすればこころや体の変調をきたすなど、いわゆる「神経症」状態におちいる人が少なくありません。

当財団は、創始者の岡本常男自身が、神経症による極度の胃腸神経症に苦しみ、悩み抜いた末に森田療法に出会い、その理論の学習と実践によって、驚くほど短期間に全治することができました。そしてその時の感動と感謝の気持ちから、このすぐれた精神療法をひとりでも多くの神経症や心の病で悩み苦しむ人達に知ってもらいたい、という使命のもとに当財団を設立しました。

森田療法は、森田正馬が創始した日本が世界に誇る、独自の精神療法です。この優れた森田療法及びその他の精神療法への助成活動や普及・啓発活動を通じて、これからも広く、人びとの心の健康と福祉の向上・発展に微力ながら貢献したいと念願している次第です。

SEMINAR

Copyright (C) 2009 The Mental Health Okamoto Memorial Foundation