平成28年度の事業報告(4月1日〜3月31日)

助成事業

■助成金申請・決定の推移

区分H28('16)年度
件数金額(千円)比率(%)
申請森田3629,75040.4
その他5443,81059.6
合計9073,560100
決定森田2311,50057.5
その他278,50042.5
合計5020,000100
H27('15)年度
件数金額(千円)比率(%)
2820,33043.3
3626,65056.7
6446,980100
2514,40048.0
3515,60052.0
6030,000100
区分H26('14)年度
件数金額(千円)比率(%)
申請森田3122,84041.7
その他4131,97058.3
合計7254,810100
決定森田2915,00050.0
その他3515,00050.0
合計6430,000100
H25('13)年度
件数金額(千円)比率(%)
2219,52039.8
4129,57060.2
6349,090100
2110,30058.3
289,70041.7
4920,000100

過去の助成金申請・決定を見る

■平成28年度 第29回研究・活動助成金交付一覧

研究助成・森田療法関係
No申請者申請課題名交付金額
(単位:万円)
1福岡県立大学
人間社会学部
講師
不安の受容を促す介入技法の作用機序に関する実験心理学的検討
-生理指標を用いて-
30
2東京慈恵会医科大学附属第三病院
精神神経科
診療部長
入院森田療法を実施した強迫性障害患者に対する自閉スペクトラム傾向が治療効果にに与える要因30
3東京慈恵会医科大学附属第三病院
精神神経科
助教
不登校・ひきこもり当事者に対する
森田療法的グループ療法の意義と効果
30
4信州大学
人文学部人文学科
心理学・社会心理学講座
准教授
森田療法における作用メカニズムの解明と
心理学的介入法の効果検証
30
5浜松医科大学附属病院
精神科神経科
臨床心理士
強迫性障害に対する曝露反応妨害法と
森田療法の合理的な 治療選択についての研究
-ディメンションに基づく治療戦略の検討に基づいて-
30
6東京未来大学
こども心理学部
教授
スポーツ分野における森田療法の活用
-親用のスポーツ・ペアレンティングワークシートの開発-
30
7横浜カメリアホスピタル医局
精神保健指定医
臨床心理士
ストレスケア病棟、児童思春期病棟における新たな入院森田療法について30
8九州大学大学院
人間環境学研究院
准教授
神経症の心理療法における
「あるがまま」の指示的介入と
クライアントの体験に関する研究
30

研究助成・その他
No申請者申請課題名交付金額
(単位:万円)
1医療法人三家クリニック
精神科神経科
医師
”病名”の生成と変遷課程の研究
-文化結合症候群”アモック”を題材にして-
30
2国立研究開発法人
国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所・成人精神保健研究部
室長
心的外傷後ストレス障害に対する
持続エクスポージャー療法の
作用メカニズムの検討
30
3中島心理相談所
臨床心理士
成人ADHDの実行機能に焦点を当てた
集団認知行動療法プログラムの開発
30
4国立研究開発法人
国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所自殺総合対策推進センター・自殺未遂者・遺族支援等推進室
室長
がん治療中止と予後を話し合う際に患者が
医師に望むコミュニケーション
30
5金沢大学
医薬保健研究域医学系
精神行動科学
助教
摂食障害治療における家族エンパワメントの挑戦30
6久留米大学 医学部
神経精神医学講座
講師
神経症圏患者への短期心理教育治療
パッケージの効果検証
30
7宮崎大学
テニュアトラック推進機構
講師
対人場面におけるネガティブな振り返り
(反すう)のメカニズム解明および
介入法開発
30
8千葉大学
子どものこころの発達教育研究センター
特任研究員
自閉症スペクトラム障害を併存する児童・思春期強迫性障害の
特徴についての研究
30
9九州大学 大学院
医学研究院
精神病態医学
大学院生
神経発達症を基盤に持つ強迫性障害患者に
対する入院行動療法:治療技法、
対応の工夫の検討
30
10東京大学
大学院総合文化研究科
特任助教
神経症傾向のある大学生への
メタ認知トレーニング(MCT)の効果と
学生相互の支援システムの構築
30
11大阪大学大学院 連合小児発達学研究科
こころの認知行動科学講座(千葉校)
博士課程
症状維持メカニズムと症状ディメンジョン
の違いを考慮した強迫症に対する心理療法
の有効性と治療効果予測要因の同定
30
12慶應義塾大学 医学部
耳鼻咽喉科
客員講師
難治性めまい患者における神経症傾向の
検討と入院集団療法による治療のこころみ
(3)
30
13国立研究開発法人
国立精神・神経医療研究センター
認知行動療法センター
研究員
強迫性障害に対する家族プログラムの開発30
14山陽学園大学
総合人間学部生活心理学科
講師
青年期における病的解離を早期発見・
介入するための心理査定法の開発
30
15千葉大学大学院
認知行動生理学教室
博士課程
子どもの強迫性障害に対する認知行動療法の有効性に関する研究30
16慶應義塾大学病院
医学部 精神神経科
助教
成人軽症抑うつ者に対する人工知能機能
搭載型インターネット認知行動療法
(iCBT-AI)の効果検証:無作為統制試験
30
17京都大学大学院医学研究科
社会健康医学専攻 健康増進・行動学分野教室
博士後期課程
マインドフルセルフ・コンパッション(mindfulself-compassion:MSC)
日本版プログラムの作成とパイロット研究
30
18大分大学大学院
教育学研究科
講師
身体性を基盤とした心理療法的アプローチにおける治療要因の解明30
19鈴木医院 心理室
臨床心理士
女子大学生への啓発活動における方法論の検討-女性の心と体の健康づくりの支援3-30
20独立行政法人 国立病院機構
肥前精神医療センター 臨床研究部
部長
抑うつ神経症における聴性定常反応(ASSR)のγ帯域同期性機能活動と
治療効果に関するfMRI 研究
30

活動助成・森田療法関係
No申請者申請課題名交付金額
(単位:万円)
1上海市心理康復協会生活発現会-神経症患者は主に
その外精神障害者との森田療法を通して
30
2九州森田療法セミナー九州森田療法セミナー
(第11回初級・第10回アドバンスコース)の開催
40
3第9回国際森田療法学会
(英国・エクセター大学)
第9回国際森田療法学会の開催の準備と
開催費用(2016年9月1-2に英国・エクセター大学で開催予定)
200
4関西森田療法研究会関西における森田療法の普及と啓発40
5日本森田療法学会
研修委員会
関西森田療法セミナーの開催40
6東京慈恵会医科大学
第三病院 精神神経科
森田療法センター 図書資料室の運営40
7日本森田療法学会「日本森田療法学会雑誌」の発行
(平成28年度 27巻1号および2号)
100
8ブリティッシュコロンビア大学森田療法の海外での普及活動近年の
森田療法の拡大適用と技法の
多様化に関する調査(2)
40
9第34回
日本森田療法学会
第34回 日本森田療法学会100
10高良興生院
森田療法関連資料保存会
森田療法関連資料の収集。保存。
一般向け精神保健講演会の開催。
30
11中国心理衛生協会
森田療法応用専業委員会
第十一回中国森田療法学会、
2016年日中森田療法フォーラム
30
12グローブ.イン.
ピースプロジェクト
(カナダ)
グローブ.イン.ピースプロジェクト
(二年目、現地機関7ヵ所と新しい和解村1ヵ所における森田療法、ABPRAセミナーの開催)
40
13特定非営利法人
生活の発見会
生活の発見会、集談会・学習会の充実100
14特定非営利法人
生活の発見会
生活の発見会、会報誌の充実と広報活動
(機関誌・ホームページ)
40
15北海道森田療法研究会森田療法セミナーの継続と
森田療法専門家養成、および市民への啓発活動
(札幌市での開催を予定)
40

活動助成・その他
No申請者申請課題名交付金額
(単位:万円)
1第9回日本不安症学会
学術大会
第9回日本不安症学会学術大会の開催50
2吃音親子のつどい
『ほおーっと』・
『あのねのひろば』
子どもたちが出会うことにより、
自分や吃音を知り、つながりを感じ、
自分らしい暮らしを送れるようになる
ことをねらいとする。
10
3日韓若手精神科医
アカデミー 日本支部
学術交流・文化交流・相互理解を促進する
ための「日韓両国の若手精神科医のための
合同研修会」
30
4福島復興心理・
教育臨床センター
福島における東日本大震災PTSD
(大規模外傷神経症)に対する心理療法の
普及および予防教育活動
30
5音楽療法研究会
NPO法人 あいね
神経症予防のための音楽療法が
被災者デイサービス利用者と
職員に及ぼす影響について検討すること。
30
6公益財団法人
日本精神衛生会
精神保健シンポジウムを2回開催する50
7公益社団法人
日本精神保健福祉連盟
精神保健福祉全国大会を開催し、
精神保健福祉思想の普及・啓発を図る。
1.記念式典・表彰式 2.アトラクション
3.午餐会 4.記念講演 5.シンポジウム 
6.精神障害者施設、作業所作品展示・販売等 7.活動記録紙配布
50

SEMINAR

Copyright (C) 2009 The Mental Health Okamoto Memorial Foundation