平成29年度の事業報告(4月1日〜3月31日)

相談室事業(無料)

相談室事業は、(1)心の健康相談と(2)心の体験フォーラム会員交流会の2つがあります。

(1)心の健康相談

心の健康相談は、財団の森田療法学会認定指導員と図書室担当者が対応する「①電話相談・面接相談」、「②メール相談」および外部に委嘱した臨床心理士が月1回行う「③心の健康カウンセリング」の3種類の事業となっています。
それぞれの状況は以下のとおりです。

①電話相談・面接相談


学会認定指導員(2日/週)図書室担当者(5日/週)合  計
電話相談数面接相談数電話相談数面接相談数電話相談数面接相談数
27年度166193641453033
28年度185294253361062
29年度17436956701,130106

■相談内容(延べ数)

※母数:1,236人
相談内容相談数比率(%)
①症状に関して82566.7
②森田療法に関して75360.9
③その他25921.0
④病院・医院に関して705.7
⑤生活の発見会に関して282.3
⑥体験フォーラムに関して191.5

■症状の内容(延べ数)

※母数:825人
相談内容相談数比率(%)
①不安感・恐怖感(不安神経症)46856.7
②強迫観念・強迫行為29335.5
③その他26632.2
④うつ・抑うつ15919.3
⑤対人(緊張、恐怖)・広場恐怖15719.0
⑤身体症状(頭痛、不眠、肩こり)12715.4
⑦神経症9411.4
⑧パニック(発作)769.2
⑨躁うつ263.2
⑩離人感・現実感の喪失30.4

②メール相談

■件数(自己診断チェックシート入力後のメール相談件数)


自己診断チェックシート名
対人恐怖度
(比率)
森田神経質度
(比率)
うつ病
(比率)
パニック症
(比率)
強迫症
(比率)
合計
28年度1,374(55.4)704(28.4)185(7.5)165(6.6)53(2.1)2,481
29年度1,679(51.0)970(29.4)350(10.6)231(7.0)66(2.0)3,296

■相談項目数(自己診断チェックシート入力後のメール相談項目数)


症状について(比率)治療方法(比率)治療機関(比率)その他(比率)合計
28年度2,063(40.0)1,860(36.0)997(19.3)241(4.7)5,161
29年度2,813(40.7)2,349(34.0)1,339(19.3)413(6.0)6,914

③心の健康カウンセリング(臨床心理士)※予約制

※月1回実施 ※1実施は4コマ。1コマは45分

利用者数利用率キャンセル者数キャンセル率実施回数
27年度3777.11122.912
28年度3675.0920.012
29年度4389.6510.412
利用率=利用者数/実施回数×4 キャンセル率=キャンセル者数/(利用者数+キャンセル者数)

(2)心の体験フォーラム会員交流会(H22年度から実施)

当財団のホームページで実施しているインターネットを介した相談である「心の体験フォーラム」の会員を対象にした交流会で、5〜10人の会員が一堂に会し専門医(家)を交え、意見の交換や親睦をはかる目的で実施しています。

実施状況


大阪会場
(財団図書室/公的施設)
東京会場
(森田療法センター/公的施設)
開催数参加人数開催数参加人数
27年度
28年度
29年度1518

SEMINAR

Copyright (C) 2009 The Mental Health Okamoto Memorial Foundation