スマートフォン専用サイトはこちらをタップ

症状別アドバイス集

不安神経症の部屋

「身体に任せてみる」 '18.2 

Wさんは吐くことがとても怖く、食事中、特に外食中に気分が悪くなったり食欲がなくなるということでした。吐いたらどうしよう、お腹が痛くなったらどうしようと考えると食べることが苦痛で、他にも喉につまったらどうしよう、胸痛・動悸や寒気などの症状が出たらどうしよう・・・毎回30分くらいでおさまるが、今回は治まらなかったら・・・などと不安で歯医者や美容院にも行けなくなったと書かれています。確かに体調不良は不快ですし辛い状況だと思います。

実際、色々な体調の異変は出ているのだと思いますが、Wさんが一番恐れているのはどんなことなのでしょう?体調不良になることも当然不安だと思いますが、そうした時に対処できないのではないか、人前でみっともない、などと考えて、異変が出る前からあれこれ想像して不安をあおってしまっているのかもしれません。Wさんの書き込みを見ても「〜たらどうしよう」のフレーズがとても多いように感じます。

森田は、「電車で窓際に立っている人が、本人は自分で気がつかないけれどもその眼球は絶えずピクピクと動いている。これは無意識のうちに、外界の変化に調和活動しているので、すなわち刺激に対してそのままになりきっているのであるから、本人は何の不快苦痛も感じない。これに反して電車に酔うような人は、外界の刺激に対して、あるいは目をつぶったり、心を落ち着けたりしようとするから、ますます気分が悪くなるのである」と述べています。つまり、私達の身体は、色々な刺激に対して自ずと調和するように出来ているので「抗わずに、そのまま任せる・・」と伝えているわけですね。飲み込むときに意識して飲み込んでいる人はあまりいないでしょうし、吐いてしまうときは、身体が食べ物を外に出す必要がある時とも言えます。身体は、私達が考えている以上に刺激に対して順応性があるものなのです。

これまで大体30分くらいで症状がおさまるのであれば、そうした経験を拠り所にして、自分の身体の調整力に任せてみたらどうでしょうか。ただ、その最中にも身体の変化ばかりに注意を向けていれば、先の森田の例のように不調和を生むことになってしまいます。折角の食事であれば、それがどんな味なのか、どんな材料を使って、どんな調理をしているのか、会食であれば友人との会話など、目の前の刺激や状況に注意を向けてみましょう。今のように身体を疑い、症状が出るのではないかと身構えていたら、まるで症状が出ることをあえて待っているかのようですよね。同じ時間を過ごすのであれば、自分の身体だけでなく、周囲に目を向けて、観察するようにしてみましょう。新しい発見があるかもしれませんよ。
(久保田幹子)

「身体の症状はあってもできることはたくさんある」 '18.1 

Mさんのコメントを拝読いたしました。上司から異動を命じられ、その際「評判がよくない」と言われたとのことで、本当にショックだったと推察します。特に一生懸命仕事に打ち込んでいる方こそ衝撃が大きいのではないでしょうか?落胆と同時に悲しみ、さらには怒りなど様々なことを感じたことと思います。コメントからはMさんの真面目な人柄が感じられます。「作業環境は変わっておらず」と書かれているように、自分の周囲の環境は自分の力では変えることができません。しかし環境に対する姿勢は自分の力で変えることができます。

まず「人からの評価が気になる」とのことですが、Mさんが上司から言われたことを考えると自然なことです。一方で上司は「違う部門で違う作業に期待します」とも言っています。上司としてはある仕事が部下に向かないなと思えば、別の仕事をやらせてみようと思うわけです。仕事には向き不向きは確かにあり、自分の向いている仕事を一生懸命できればよいのではないかと考えます。今の仕事がMさんに向いているかどうかは文章だけではわかりませんが、異動を「新しい環境で期待された証拠」と捉え今までの経験を生かしお仕事を続けてみてください。

次に痛みやしびれについてですが、Mさんの生き方がやや内向きになっている現れのような気がします。もちろん痛みやしびれはあるのは事実ですが、外への興味が薄れていくと益々自分の身体へ注意が集中し、さらに痛みやしびれが増していくという悪循環があります。以前担当した原因不明の身体症状を持つ患者さんが「動いていると身体の症状が良い」「身体の症状はあってもできることはたくさんあった」とおっしゃっていました。不快なものは取り除こうとすればするほど付きまとってくるものです。不快な症状があってもできることはたくさんあります。また、身体の不調はあっても、「これから何をしたいのだろうか?」「どう生きていこうか?」など自分の心の内にある欲求に問いかけてください。もしかすると仕事だけにご自身の人生の比重が偏りすぎていた可能性もあります。仕事、仕事以外においても自分がどうしていきたいか心の声を聴いてみて、過ごしていってください。
(大久保菜奈子)

SEMINAR

Copyright (C) 2009 The Mental Health Okamoto Memorial Foundation